千歳セントラルRC新役員来社「震災被災地支援を続ける」

2014-07-07

千歳セントラルRC新役員来社「震災被災地支援を続ける」
千歳セントラルロータリークラブ(RC)の2014〜15年度会長となった白木松敏氏、幹事の坂井治氏が3日、千歳民報社を訪れた。
白木会長は「震災被災地支援を続けると共に千歳の安心安全に寄与したい」などと抱負を述べた。
白木会長は「急激な変化の中で愛する千歳に何が必要か考え、貢献したい」と背景を説明。具体的に同RCに安心安全な街づくり委員会を設置、関係機関や行政への働き掛けを検討する。
被災地支援は「これで4年目。「地区補助金も使い、来年5月に宮城県岩沼市の千年希望の丘で樹木の苗を植えます」
このほか、同RC活性化へ、入会して日の浅い会員に委員長などを任せ、ベテランが副委員長などで支援する形にし「早くいろいろなことを覚えてもらう」と、刺激を与えて活気を生み出す。

このほかの主な役員は次の通り(敬称略)。
副会長 大久保尚
会計 岩下誠
会長エレクト 尾本眞二
副幹事 齊藤博司
直前会長 武田伸也
創立25周年準備委員長 今井章夫

Copyright(c) 2007 VISUAL CORPORATION All Rights Reserved.